頭が痛い時の治し方

頭が痛い時の治し方は簡単なのか?

スポンサーリンク

 

 頭が痛いと、仕事や勉強に集中できなかったり、人と関わるのもつらいですよね。
 頭痛薬にたよってしまうこともあるかもしれません。

 

 なるべくなら、薬をつかわずに治したいですよね。
 頭が痛い時の治し方には薬を飲む以外にいったいどんな方法があるのでしょうか。

 

 まず、ひとくちに頭が痛いと言っても、おおまかにわけて二種類の痛みがあります。
 ひとつは、血管が収縮し血流が悪くなることによって起こる痛みです。
 代表的なものとしては肩こりなどからくる頭痛があります。

 

 このような状態から頭が痛い時の治し方は、痛む場所や肩・くびなどを温めることです。
 温めることによって血流が良くなり、酸素や栄養を滞りなく流すことができます。

 

 お風呂に入るのも良いでしょう。
 血流を良くするという意味ではマッサージで筋肉をほぐしたり、ストレッチや軽い運動でも効果があります。

 

スポンサーリンク

 

 もうひとつの痛みの種類としては、先ほどとは逆で血管が拡張することによって神経を刺激して起こる痛みです。
 代表的なものとしては片頭痛があげられます。

 

 ズキズキとした拍動性の痛みで、ウィークデイより休みの日、活動しているときより安静にしているときの方が痛むのが特徴です。
 このように頭が痛い時の治し方は、ズキズキ痛む部分を冷やすことです。
 頭が痛いとどうしてもじっとしていたくなりますが、安静にしているとリラックス時の副交感神経が優位になり、より血管を拡張させてしまうのであまりおすすめしません。

 

 ワインやチーズに含まれるチラミンという成分も片頭痛には悪影響となりますので、ひかえた方が良いでしょう。
 頭痛には上にあげた二種類の他にもホルモンバランスによるものや腫瘍によるもの、原因不明のものなどさまざまなものがありますので、改善しない場合には医療機関にかかることをおすすめします。
 ご自分の頭痛の種類から状態にあった対処法をおためしください。

 

 次はこちらの記事です。
 風邪で頭が痛い時の効果的な対処方法は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。