緊張型頭痛 群発頭痛 コーヒー 偏頭痛

偏頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛とコーヒーの関係とは?

スポンサーリンク

 

 いわゆる頭痛持ちの人で、コーヒーを飲むと治るという人がいる一方で、それによってかえって悪化してしまうという人もいます。
 同じ頭痛のはずなのに、どうしてこのように違って来てしまうのでしょうか。

 

 実は一口に頭痛といっても様々で、コーヒーに含まれるカフェインによって治まる頭痛と、そうでない頭痛があるからなのです。
 前者に当てはまるのは偏頭痛、そして群発頭痛の場合です。

 

 この2つはそれぞれ、脳や目の裏の血管が拡張して起こるものです。
 カフェインは血管を収縮させる働きがありますので、血管の拡張が原因となる偏頭痛や群発頭痛には大きな効果があります。

 

 ただ、カフェインが偏頭痛の原因となるケースもまれにありますので、そのような場合はカフェインを含む飲み物の摂取はやめるか、あるいはカフェインレスのコーヒーを飲むようにするといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 それから緊張型頭痛の場合は、カフェインを摂ることによってかえって悪化します。
 この緊張型頭痛というのは、筋肉の緊張が原因で起こるため、カフェインによって血流が悪くなってしまうからなのです。
 この場合も、カフェインが含まれない飲み物を摂るようにするといいでしょう。

 

 ところでカフェインを含む飲み物というのは、コーヒーに限らず多くの種類があります。
 紅茶や日本茶、そしてココアや、意外なことですがコーラにも含まれていますので、こういう飲み物はできるだけ避けるようにして、天然果汁やスポーツドリンクなどを飲むのがお勧めです。

 

 また緊張型頭痛の場合でも、カフェインを含む頭痛薬の場合は鎮痛作用があるといわれています。
 もちろんこれも体質によって違いますので、カフェイン入りの頭痛薬を服用する場合は、必ず医師に相談するようにしてください。

 

 次はこちらの記事です。
頭が痛い時の治し方は簡単なのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。