コーヒー 中毒 頭痛

コーヒーのカフェイン中毒で頭痛になるのか?

スポンサーリンク

 

 コーヒーのみならず、紅茶や緑茶などカフェインの入った飲み物を摂りすぎると、中毒症状が出ることがあります。
 体質や過剰に摂取した時の体調などによっては、死に至る危険性すらあるので注意が必要となります。

 

 カフェインを過剰に摂取することによって起きる症状については、貧血・胃痛・冷え性・自律神経の乱れ・不眠などが挙げられます。
 そして、自律神経が乱れることによって、頭痛や腰痛、肩こり、うつ、免疫力の低下といった症状があらわれます。

 

 含まれるカフェインの量は、紅茶や緑茶よりもコーヒーの方が多くなります。
 カフェインには、交感神経を活性化させる働きがありますので、身体をオンの状態にさせます。

 

 適量であれば、集中力をアップさせたり、眠気覚ましに効果があるのですが、飲みすぎた場合には中毒症状が生じてしまいます。
 このため、日常的にコーヒーを何杯も飲むという方が注意が必要となります。

 

 前述しましたように、自律神経の乱れは、身体にさまざまな不調をもたらします。

 

スポンサーリンク

 

 カフェインは適量を摂取すれば、身体に良い効果がたくさんあります。
 そもそもカフェインは、アルカロイドという化合物の一種であり、覚醒作用や解熱鎮痛作用があるために、医薬品にも用いられています。

 

 血管収縮作用がありますので、偏頭痛を改善させる効果もあります。
 実際に、頭痛専門外来のドクターも、偏頭痛を予防するために1日1杯のコーヒーの摂取を推奨しています。

 

 適量を摂取すればメリットが多いのですが、問題は過剰摂取です。
 「過ぎたるは及ばざるがごとし」という諺があるように、摂り過ぎると中毒症状を引き起こしてしまいます。

 

 カフェインを一番多く含む飲み物はコーヒーであり、1日のカフェインの摂取量が200mgを超えると、頭痛など中毒症状のリスクが高くなります。
 ちなみに、紅茶や緑茶には、渋み成分のタンニンも含まれていますので、コーヒーと同じ量を摂ったとしても、カフェインの効果はタンニンによって弱くなります。

 

 次の記事はこちらです。
 目の奥の痛みと耳鳴りを伴う頭痛を解消するには?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。