頭痛 お風呂 治る

頭痛はお風呂に入ると治る?

スポンサーリンク

 

 頭痛に悩む人は非常に多くなっています。
 改善するための方法としてお風呂に入ると治ると言われることがあります。

 

 実際に頭痛の中にはお風呂に入ることで改善するものもあります。
 しかし、原因が様々あるので場合によって逆効果になってしまうこともあるので注意が必要になってきます。

 

 まず、頭痛の原因について大きく分けて2つあるということを知っておくことが大切です。
 一つは血管が拡張して血の巡りがよくなることで起こるタイプの頭痛です。
 もう一つは血管が収縮することによって血流が妨げられて起こるタイプの頭痛です。

 

 それぞれには、やると効果のあることと、逆効果になってしまうことがあります。
 一般的にいわれているお風呂に入って改善するのは血管が収縮することで起こるタイプの場合です。

 

 お風呂はお湯で体が温められることで血流が増加します。
 筋肉の緊張もほぐれるために血管も拡張されて症状が改善するということになります。
 しかし、血管が拡張して起こるタイプの場合には逆効果となってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 血管拡張型の頭痛の代表格が偏頭痛です。
 この場合には治るどころか症状がより悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 その場合には全く違った対処法があります。
 逆に冷やすことによって症状が軽くなることが分かります。

 

 治るかどうかは種類によって異なるということになります。
 一般的な対処法を鵜呑みにして行うことは症状を助長してしまうことにもなってしまうので要注意です。

 

 お風呂によって改善していくのは、あくまでも緊張型のタイプであるということは覚えておくことが大切になってきます。
 見分け方簡単です。

 

 拡張型の場合にはズキズキとした痛みになるのに比べて緊張型の場合には頭全体が重くなって痛むというような特徴があります。
 どちらの症状なのかを十分に考えて対応することが大切です。

 

 つらい症状を抱えた時には一刻も早く解消したいと考えるものです。
 しかし正しい対処法を実践しないと逆効果になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 次の記事はこちらです。
 目の奥とこめかみの痛み、吐き気を伴う頭痛とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。