頭痛 側頭部 右 原因

右側頭部の頭痛にはいろいろな病気が隠れている?

スポンサーリンク

 

 右側、あるいは左側だけの側頭部が、週に1度か2度痛むような時には、偏頭痛の疑いがあります。
 これは主に、血管の拡張が原因で起こるものです。

 

 痛みが出る前に目の前がちかちかしたり、光をまぶしく感じたり、あるいは音に敏感になったりすることもあります。
 痛みがある時は、まず患部を冷やして、暗くて静かな場所でじっとしてるようにしましょう。

 

 患部を温めたり、動き回ったりすると、余計に痛みがひどくなりますので気をつけましょう。
 カフェインを含むお茶やコーヒーは、血管を収縮させる働きがありますので、適量ならばお勧めです。

 

 それでも痛が頻繁に起こる場合は、病院に行くようにしてください。
 このような時は内科や頭痛外来、あるいは脳神経科などがいいでしょう。

 

 市販薬を飲む時は、月に10日以上服用するのは避けましょう。
 あまり多くの薬を飲むと、薬物乱用頭痛といって、かえって痛みに敏感になり、薬を飲む前よりも痛みが出るようになります。
 また、胃を荒らすこともあります。

 

スポンサーリンク

 

 また偏頭痛以外にも、右の側頭部が痛む病気というのはあります。
 たとえば脳腫瘍もその一つです。

 

 脳腫瘍の場合は、特に朝に激しく痛むという特徴があります。
 その他にも吐き気や耳鳴りがする、手足のしびれが起こる、視力が低下するなどの症状が現れますので、こういう症状が続く時は病院に行くようにしましょう。

 

 それから副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症も右の側頭部に痛みが出ることがあります。
 この時は色のついた鼻水が出て、鼻詰まりがひどくなりますので、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

 その他には、脳出血やくも膜下出血なども右側が痛むことがあります。
 脳出血は嘔吐やろれつが回らない、くも膜下出血はバットで殴られたような痛みがするのが特徴です。

 

 また、病気でなくても、たとえば生理の前で痛むこともありますし、天候や環境などでも頭痛が起こる人もいます。
 風邪やインフルエンザでも痛みますので、その時にはもととなる病気をまず治しましょう。
 その他、自律神経失調症も頭痛がすることがあります。

 

 次の記事はこちらです。
 副鼻腔炎の頭痛にロキソニンは効果があるのか? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。