緊張型頭痛 症状 完治 治療

緊張型頭痛!症状が完治する治療とは?

スポンサーリンク

 

 頭痛を患うことは、多くの人が経験する出来事ですが、その時々によってその原因は異なります。
 そのうち、筋緊張型頭痛は全体の中でも、よく発症するタイプの頭痛です。

 

 筋緊張型頭痛とよく比較される片頭痛の痛みは、血管の収縮に伴う、ズキズキとした痛みですこれに対して筋緊張型頭痛の痛みは、締め付けられるような、痛みを呈することが特徴になります。
 そのため、このタイプの頭痛の痛みを、帽子を被ったような痛みとして、訴えることが多いのです。

 

 痛みの持続時間も、片頭痛が間欠的であるのに対して、このタイプは持続的に発症します。

 

 こうした症状の筋緊張型頭痛の原因は、いわゆる肩こりです。
 肩こりは、頸部から肩部にかけての、筋肉が緊張して起こります。
 すなわち、頸部から肩部の筋肉の緊張を改善させることが、この疾患の症状の完治には必要なのです。

 

スポンサーリンク

 

 まず、筋肉の緊張を改善させるために、自身が行えることは、運動をすることが手軽で効果的です。
 運動をしますと、筋肉を動かすことになります。
 筋肉が動くと、筋肉にはポンプ作用が働きますので、それによって筋緊張が緩和するのです。

 

 例えば、肩関節を動かすと、肩周囲の僧帽筋を動かすことになります。
 また、首を動かすと、胸鎖乳突筋が動かすことになります。
 これらの筋肉は、いずれも筋緊張型頭痛の原因となる筋肉です。

 

 また、マッサージ師に治療をしてもらうことも、筋肉の緊張を緩和させるのに役立ちます。
 マッサージ師は、筋肉の緊張を緩和させるために、東洋医学における経穴を利用して治療を行います。

 

 経穴を利用すると、強い力で患部を刺激する必要がありません。
 そのため、強い刺激の治療による、炎症の助長を起こすことなく、効率的に完治させることが出来ます。

 

 次はこちらの記事です。
 群発頭痛は冷やす!緊張型頭痛は冷やさない!

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。