右目の奥が痛い 頭痛 

右目の奥が痛い頭痛とは?

スポンサーリンク

 

 頭痛の種類は様々あります。
 頭痛と言っても偏頭痛だったりとあります。
 今回は右目の奥が痛い頭痛についてお話します。

 

 頭痛では右目の奥が痛いという症状はあまり出ませんが、群発性頭痛という種類の頭痛は右目の奥が痛いといった症状がでるようです。
 どうして右目の奥が痛くなってしまうのでしょうか。

 

 まずは、群発性頭痛についてお話します。
 ある一定期間に発症し、キリで殴られているような痛みを伴います。
 季節の変わり目などによく発生する病気です。

 

 一度発生すると1〜2ヶ月ほど毎日続いてしまいます。
 動くと痛みが少し和らぐようになります。

 

 痛み以外の症状として挙げられるのは鼻水、涙、目の充血ということにより熱や風邪と勘違いしてしまう人も少なくはないようです。

 

 群発性頭痛はアルコールを大量摂取した後に起こることが多く、二日酔いなどの原因を引き起こす病気です。
 このため、飲み過ぎには注意をして下さい。

 

スポンサーリンク

 

 群発性頭痛が起こるメカニズムについては、まだ明らかにされていないのですが、頭の血管が膨張してしまうことから起こると考えられています。
 そして炎症を起こしてしまい、脳から指令が出て、目の充血や、鼻水、涙など、を引き起こすと言われています。

 

 治療法は、薬物治療や酸素療法が主な方法になっています。

 

 予防法はやはりアルコールのやタバコを控えることとされています。
 もちろん、覚せい剤などの薬物はもっての他です。
 しっかり自分の将来のことを考えててアルコールの多量摂取はやめて、タバコの本数も減らしていくことが大切です。

 

 日常生活の中でも起こってしまうようなので少しでも症状が似ていたり、気になるなと思ったら直ぐに病院へ診察をオススメします。
 ただの風邪とは全然違いますのでしっかり注意をして下さい。
 また、しっかりと予防して下さいね。

 

 次の記事はこちらです。
 熱はないのに寒気で頭痛と吐き気がする時は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。