頭痛 続く 目の奥

目の奥の頭痛が続くのはどうして?

スポンサーリンク

 

 目の奥の頭痛が続くようであれば、それは群発頭痛の可能性があります。
 群発頭痛は症状に特徴があり、目の奥またはこめかみに激しい痛みが起きます。
 またその痛みは15分程度でおさまることもあれば、ひどい時には3時間ほども痛みに襲われ続けることもあります。
 しかもそれが数日から数週間、長ければ2、3ヶ月間も続くのです。

 

 さらに一日のうちで決まった時間帯に起こることがあるのも特徴で、夜中や朝方に痛みが起こることが多くあります。
 症状がひどい場合には日常生活を送るも困難なほどの激痛です。

 

 この病気は一般的に多くみられる頭痛の中でも珍しい部類で、そのメカニズムも完全には解明されていません。
 一旦症状が治まっても再発してしまうこともしばしばです。
 ここに記した症状に悩まされている人はこの病気の疑いがありますので、できるだけ早く専門医の診断を受け、適切な治療を受けることが大切になります。

 

スポンサーリンク

 

 群発頭痛を克服するためには専門医による治療を受けることが大切ですが、それに加えて生活習慣の見直しを行うことも非常に重要です。
 この病気はアルコールやたばこが引き金になることが多く、決まった時間帯に痛みが起きている人でも、アルコールやたばこを摂取した途端に症状が起こる場合があります。
 したがってこの病気を患っている間は、アルコールやたばこの摂取は御法度です。

 

 この病気の発生メカニズムが完全に解明されているわけではありませんが、自律神経との関係性は非常に注目されています。
 自律神経が影響を受けるような行為、たとえば不規則な生活や体温の急速な上昇につながる湯船での入浴は避けたほうがよいとされています。

 

 いずれにせよこの病気が完治するためには、長い期間をかけることを覚悟しなければいけません。
 規則正しい生活を心がけ、医師の指示通りに薬を服用するようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。 
 前頭部やおでこの頭痛!その対処法は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。