子供 頭痛 頻繁 子供用頭痛薬

子供に頻繁に起こる頭痛の原因と子供用頭痛薬とは?

スポンサーリンク

 

 頭痛を起こすことは、あらゆる年代で起こりますので、頻繁に問題となります。
 とくに、最近はパソコンやタブレット、スマホの普及に伴って、頻繁に起こるようになってきているのです。
 パソコンやタブレット、スマホは、同じ姿勢で長い時間使用することが、日常的に行われています。

 

 すると、首の周囲の筋肉に、大きな負担が掛かるのです。
 首の周囲の筋肉に負担が掛かりますと、その筋肉が炎症を起こして、強く緊張してきます。

 

 ここで問題となるのは、首の周囲の筋肉の間を、頭痛の原因となる神経が貫通しているとこです。
 とくに問題となる神経が大後頭神経で、大後頭神経は項頚部から頭頂部に向かいます。

 

 そのため、この神経が筋肉の緊張によって絞扼を受けると、広い範囲で痛みを生じるのです。
 こうした頭痛を筋緊張性頭痛と呼ぶのですが、このタイプは子供でも頻繁に起こる傾向にあります。

 

スポンサーリンク

 

 その背景になっているのが、先述のパソコンやタブレット、スマホの使用なのです。
 治療法としては、首の筋肉の炎症の緩和が大きな目的で、頭痛薬を用いることがあります。

 

 しかし、子供の場合には、大人とは異なる薬の使用が求められます。
 薬の分野では、大人のミニチュアとして、子供を捉えてはならないのです。

 

 そのため、よく利用される非ステロイド性消炎鎮痛剤は、子供用頭痛薬にはあまり使用されません。
 非ステロイド性消炎鎮痛剤は、大人ではあまり出現しない副作用が、子供では現われ易いのです。

 

 子供用頭痛薬として使われるのは、アセトアミノフェンを成分とするものになります。
 アセトアミノフェンは、風邪の発熱時などの解熱剤として、広く子供にも利用されている成分です。
 アセトアミノフェンは、アルコールとの相性が悪いので、その点を抑えて使用すると安心です。

 

 次の記事はこちらです。
 子供の頭痛!実は脳腫瘍だった?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。