お酒 頭痛 後頭部 治す

お酒を飲みすぎて二日酔い!後頭部の頭痛を治すには?

 

 お酒を飲みすぎて二日酔いになった場合、翌日は一日中後頭部の頭痛が続く事が起こりえます。

 

 その際に頭痛を治すには、睡眠時間をしっかりと確保する事が挙げられます。

 

スポンサーリンク

 

 二日酔いの際の後頭部の痛みは程度にもよりますが、疲れで身体が弱っている場合に起こりやすいからです。
 質の良い睡眠を確保出来たら、後頭部の頭痛が治ったという人もいます。

 

 また水分補給をしっかりとしましょう。

 

 お酒を処理するために体内の水分が奪われるものですが、稀に脱水気味で頭の痛みを引き起こす事があります。
 この際の水分は炭酸飲料よりも水やお茶などの方がスムーズに体内に水分を補給できます。

 

 スポーツ飲料でも大丈夫だと考えられています。
 スポーツ飲料は脱水症状の防止も想定されて作られているからです。

 

 そのためこれらの飲料を飲むことによって早期に症状を治す事が期待できます。

 

スポンサーリンク

 

 お酒が原因で後頭部に頭痛がある場合は、後頭部付近のツボや肩をマッサージする事によっても症状を治す事が期待できます。
 マッサージをする際は優しく揉みほぐすのがコツです。
 頭皮や肩をあまりに強く揉んでしまうと痛みが悪化するケースもあるため注意が必要です。

 

 参考にするのは理髪店や美容室のヘッドスパの揉み方があります。
 頭皮に負担をかけずに疲れを癒すマッサージであるからです。

 

 頭痛が原因によって気分が優れない場合は、もし水分を口にできるならば温かい飲料が良いでしょう。
 冷たい飲料は刺激が強すぎるめに新たな痛みを引き起こす可能性があるからです。
 また梅干しや生姜を摩り下ろしたお湯を飲む事も疲れを癒して、痛みの緩和につながる事があります。

 

 大切な事は無理をせずに安静にして身体を癒すことに集中する事だと考えられています。

 

 次の記事はこちらです。
 寝不足による頭痛に即効性のあるツボマッサージとは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。