右の頭が痛い 右側頭部 ズキズキ 

右の頭が痛い、ズキズキする時は。。。

スポンサーリンク

 

 頭痛には様々な原因がありますが、ストレスから起こる頭痛も多くあります。
 ストレスを原因として起こる頭痛には、筋肉が収縮して起こる頭痛と頭蓋骨内の血管が拡張して起こる頭痛があり、ズキズキと痛む頭痛は後者のものであることが多いようです。

 

 この頭痛は片頭痛と呼ばれるもので、ズキズキと脈打つような強い痛みが特徴です。
 片頭痛が起こっているときに体や頭を動かしたりすると、痛みが強くなり悪化します。

 

 右の頭が痛い、もしくは左の頭が痛いというように、頭のどちらか片方だけが痛むという場合は偏頭痛と呼ばれる頭痛が考えられます。
 この頭痛が起こる原因も片頭痛と同じで、頭蓋骨内の血管の拡張であることが多いです。

 

 右の頭が痛い場合は頭蓋骨内の右側の血管が拡張しており、左の頭が痛い場合は左側の血管が拡張していると考えられます。
 偏頭痛の場合には、血管の拡張が原因となって炎症を起こし、神経を刺激して起こることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 片頭痛は血管の拡張によって起こりますから、頭痛があるときに血管を広げてしまうようなマッサージや入浴はしてはいけません。
 頭や体を動かすことも血管を広げてしまうことにつながりますので、当然運動もよくありません。

 

 こめかみを押さえることで血の流れを阻害するだけでも痛みが治まってくることがあります。
 ズキズキ痛む部分やこめかみを冷やすのもおすすめです。

 

 一番良い方法は静かな部屋で横になり、身体を休めることですが、休むことが難しい場合は、先程挙げたような方法でも少し痛みが軽くなるのでおすすめです。
 偏頭痛の場合には、右の頭が痛い、もしくは左の頭が痛いという風に、どちら側かが痛みますので、痛みがある方のこめかみを押さえたり、冷やしたりすることで痛みを抑えることができます。

 

 しかし、やはり身体を横にして休むことが一番の対策だと言えます。

 

 次はこちらの記事です。
 左右でズキンズキンと脈打つ後頭部の頭痛!原因と対処は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。