頭が重い だるい 原因 病気

頭が重い、だるいのは病気なの?その原因は?

 頭が重い、だるいといった症状は、基本的には疲労やストレスが原因であることが多いです。

 

 特にその身体的、精神的負担が大きいと、自律神経が乱れて、これらの症状だけでは済まないこともあります。

 

スポンサーリンク

 

 例えば、過敏性腸症候群などといった病気も併発していたり、うつの一歩手前の状態であることも少なくはありません。

 

 このような場合であると、少し息抜きをしたり、カウンセリングに行って少し自分の気持ちを和らげると症状が軽くなる場合もあるので一度そうすることをおすすめします。

 

 職場の環境が原因でこのような状況にあり日常生活に支障が出始めているのであれば、無理をしてさらに病状を悪化させないためにもに一度職場を休職・退職して自分の心と身体を休めてあげることも考えておくようにしましょう。

 

 ですが、頭が重い、だるいと言った症状は、これらのような心の問題が原因でなく病気であることもあります。

 

 その例として挙げられるのが、頸性神経筋症候群という病気です。

 

スポンサーリンク

 

 この病気は一時期問題となったストレートネックなどと言った病気同様、スマホの普及によって、首を下げた姿勢を続けることが多くなったため、首の筋肉に負担をかけすぎることが原因で引き起こされます。

 

 これ以外の症状にも吐き気やめまいなどと言った症状を引き起こし、自律神経失調症を併発することもあります。

 

 治療に関しては基本的には保存療法がとられており、首を温めたりすることによって首のこりをほぐすことによって症状の緩和を図ります。

 

 そのようなため、治療に関しては病院だけでなく、整骨院などを利用することもおすすめします。

 

 また、首こり専門外来を設けている病院が近所にあるのであれば、そちらを受けてみるのも良いでしょう。

 

 次はこちらの記事です。
 熱はないのに気持ち悪い、頭が痛い症状とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。