弱い 頭痛 続く 原因 対処法

弱い頭痛が続く原因と対処法は?

 弱い頭痛が続くのは、どのような原因なのでしょうか。
 その対処は、どのようにしたらいいのでしょうか。

 

 極端にひどくはないけれど、弱い頭痛が続いて困るということはないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 ズキズキするような痛みでもないし、弱いから心配ないと放っておく人も多いかと思われますが、あまり長く続くようなら、1度病院に行ってみた方がいいかもしれません。
 この場合には、緊張型頭痛の可能性があるからです。

 

 この緊張型頭痛は、痛みはさほど強くなく、何となく重苦しい痛みが続くことが多いです。
 また多くの場合、肩こりが同時に見られます。

 

 特にPCを使った後に起こりやすかったり、めまいを伴ったりすることがあり、年齢や性別に関係なく起こるのも特徴です。

 

 治療方法としては、頭痛薬などの鎮痛剤を飲むという方法もありますが、これは一時的なものですので、一旦は治まっても、薬の効果が薄れるとまた痛みが戻ってくることもあります。

 

 そのため原因をよく調べて、それに対処する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 この場合の痛みの原因には、血流の悪さがあげられます。

 

 一定の動作を長く続けたり、精神面で緊張したりでストレスがたまり、それによって血の巡りが悪くなるため、十分な栄養素や酸素が行きわたらず、肩こりを起こすもととなってしまいます。
 そして、最終的に頭痛に至るのです。

 

 まずは、血流をよくしてあげるようにしましょう。
 蒸しタオルを使ったり、お風呂で肩まで浴槽に浸かって温まると、自然に血行がよくなってきます。

 

 また、長時間同じ姿勢を続けず、ストレッチや適度な運動などで体をほぐすのもいいでしょう。
 ストレッチを行う場合は、首を左右に傾けたり、回転させるようにすると、仕事の合間にも手軽にできます。

 

 1度に最低5回ほど行うといいでしょう。
 また生姜や小松菜、玉ねぎなどは血行をよくしてくれるので食事に取り入れるのも良いでしょう。

 

 次はこちらの記事です。
 頭が重い、だるい、眠い!これって病気なの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。