朝起きると 頭が痛い 原因

朝起きると頭が痛い!その気になる原因と対処は?

スポンサーリンク

 

 朝起きると頭が痛いと悩んでいる人は結構多いのではないでしょうか。

 

 頭痛には、大きく分けると3つのタイプがあって、それぞれ痛み方や原因、対処方法が違います。
 朝に限らず頻繁に頭痛が起こるという人は自分の頭痛のタイプをしっかり分析し、それに合った対処方法をとっていきましょう。

 

 頭が痛いと悩んでいる人の大部分がこめかみあたりがズキズキと痛む片頭痛という頭痛です。
 この頭痛は特に女性に多く男性の4倍を占めるといわれています。

 

 片頭痛の主な原因としては脳の血管が拡張して炎症を起こし、それが三叉神経という神経を刺激するために起こります。
 対策としてはいろいろありますが、チョコレートやワインなどのチラミンという成分を含む食物や飲料を控えることやコーヒーを飲むことで片頭痛を解消できますが、最も効果的なのはしっかりとした睡眠をとるということです。

 

スポンサーリンク

 

 次に、緊張型頭痛と呼ばれるものです。

 

 突然頭痛が起こって締め付けられるような痛みが走ったり、一度頭痛が起こると30分から1週間ずっと頭痛が続いたりするような頭の痛みで悩んでいる人はこのタイプの頭痛です。
 緊張型頭痛は首や肩の凝りが主な原因であることが多く、ゆっくりと入浴して首や肩の凝りを取ったり、仕事の合間にストレッチをしてコリをほぐすことによって予防することができます。

 

 最後に、群発頭痛という頭痛です。

 

 目の奥に刺されたような耐えられない痛みが走ったり、お酒を飲んでからしばらくして発生するような頭痛であればこのタイプであることが多いです。
 このタイプの頭痛の場合、頭痛が起こっている間はお酒やタバコは控えるようにしてください。

 

 また、耐えられないような頭痛であることが多いため、病院へ行って診察してもらうのも一つの方法です。

 

 次はこちらの記事です。
 弱い頭痛が続く原因と対処法は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。