頭痛 症状 種類 原因 治し方 

頭痛の種類と症状、原因、対処方法について

 現在、国内では約3000万人以上の人が頭痛で悩んでいると言われています。
 実に、日本人の約4人に1人が頭痛持ちということになります。

 

 このサイトでは、頭痛についての様々な症状とその原因や対処方法などについて分かりやすくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

頭痛の種類って?

 とても身近で多くの人が経験する頭痛ですが、その種類には色々なものがあります。
 よく発症するものとしては、風邪や二日酔いなどで起こる頭痛があります。

 

 また、かき氷などの冷たいものを食べて起こる頭痛もあります。
 これ以外の頭痛としては、『慢性的頭痛』と『病気による頭痛』の2つに分けられます。

 

慢性的頭痛

 慢性的頭痛と言われているものには、片頭痛(偏頭痛)、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。
 頭痛のうち80%程度は、この慢性的頭痛とされています。
 慢性的頭痛は、他の病気によって発症するのではなく、頭痛そのものが病気となり度々発症するようになります。

 

片頭痛(偏頭痛)

 片頭痛では、頭の片方でズキズキと痛くなり、吐き気を併発することもあります。
 遺伝することが多いとされ、男性よりは女性によく発症します。

 

緊張型頭痛

 緊張型頭痛では、頭全体に鈍い痛みを感じるようになります。

 

群発頭痛

 群発頭痛では、極めて激しい痛みが生じます。
 30歳前後の男性に多く見られますが、発症率は低く0.01%程度です。
 群発頭痛はある期間に毎日のように発症し、目が充血したり涙などを伴うこともあります。

 

病気による頭痛

 頭痛には、身体や脳の病気によって引き起こされるものがあり、重大な病気に罹っていることもあります。
 特に、脳に関しては深刻なものが多く、くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍などの病気が原因になっていることがあります。
 脳出血による頭痛では、言語障害や手足のしびれなどの神経的な症状も併発するようになります。
 このような場合には、救急車を要請するなどして急いで病院へ行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

頭痛の原因と対処方法は?

 風邪や二日酔いなどで起こる頭痛、またかき氷などの冷たいものを食べて起こる頭痛の原因はほぼはっきりしています。
 それ以外の頭痛の原因と対処方法についてお話しましょう。

 

慢性的頭痛
片頭痛(偏頭痛)

 片頭痛は、疲れやストレスなどが原因で、脳の血管が急に広がることで発症するとされています。
 対処方法としては、患部を冷水に浸したタオルなどで冷やすようにします。

 

緊張型頭痛

 緊張型頭痛は、長い時間パソコンを使用したりして首の周辺や後頭部・側頭部の筋肉が緊張し、血行不良が起こることで発症するとされています。
 対処方法としては、血行不良を改善するため体を温めるようにします。

 

群発頭痛

 群発頭痛は、目の裏側にある頭の血管が広がることで発症するとされています。
 20〜40代の男性に比較的多く発症します。
 お酒やタバコは控えるようにします。

 

病気による頭痛

 身体や脳の病気によって引き起こされる頭痛の場合には、その原因となっている病気を治療する必要があります。
 これらの頭痛は、通常の頭痛とは違った症状を現すことが多いため、以下のような症状が出たらすぐにに専門医の診察を受けることが大事です。
 くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍などの重大な病気が隠れているかもしれません。
 ・突然、強烈な頭痛を感じる
 ・頭痛の頻度と痛みが徐々に強くなる
 ・手足のしびれ、嘔吐、言語障害などを併発する
 ・意識が薄れる

 

 次はこちらの記事です。
 頭痛の種類をチェックしましょう

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。